« 出会い | トップページ | おはようございますああああーo?oもう »

2018年5月15日 (火)

悔しいので

 最近朝露写真を撮りだしているのですが、屋外での朝露は一滴しか雫が無かったり色気が無かったりなので、室内のテーブルフォトで出来ないかと考えています。
 ストロボ撮影の経験がほとんどなく、デジカメ時代は感度を上げて対処できるとは言うものの、逆光で撮ることが多いので補助的にストロボを使う必要性も感じていたので、テーブルフォトに興味を持った今やって置かないと、面倒臭がりで飽きっぽい僕はストロボ使わないままで終わると思います(笑)
 先日の試みで失敗しているので、これは何度かやって置かないとと思ったのですが、昨日は発光させることが出来ず(笑)結局自然光で撮ってしまいました。悔しいので今日再チャレンジ(笑)
 やってみると難しいものでは無いのですよね。セットをちゃんとすればストロボがオートで光量を調整してくれるし、手振れの心配も無いので絞り込めるし手持ちで撮れます(笑)昨日ストロボが仕えなかったのが悔しく、今朝も挑戦して見ました。何の事は無い、カメラへのセットをちゃんとしてなかっただけ(笑)
 でも思い付きはしょせん思い付きですね。軒下栽培のバラが一輪先出したのでそれを使い、お湯を入れた容器にサランラップをかぶせたら湯気が雫になると解ったので、陶器の器にお湯を入れたのですが、内側が黒だったので雫がはっきりしない(笑)
 ストロボの当て方の工夫も必要だし、思った位置に雫を作るにはスポイトが必要なようですし、静かに花の位置をずらしたりするのにピンセットも必要なようです。箸で水滴を乗せたり、大きな水滴を作るのは難しい。ほんと失敗は成功の母ですね。雫が付きやすいのはススキなどの葉がやりやすいと言うこともわかりました。悔しいと思う気持ちは大事ですね。再チャレンジする気になるし、思い付きの幅も広がります(笑)
 雫写真は有名な女性写真家がいて、素晴らしい作品をたくさん発表しているのですが、真似すらできない悔しさがいろんな試みをさせてくれます。
 テーブルフォトをしないといけない理由はもうひとつあって、最近頻尿が激しく、トイレが近くに無いとやばいのです。体調の良い時には3時間も4時間も感じない尿意が、ひどい時には1〜2分できます。ちょっと我慢老すると漏水すると言う危険状態(笑)
 で、考えました。まだ人々が寝ている時に散歩して、ついでに田んぼの畔や用水路からススキの葉や小さな野の花などをちょろまかして来ようと(笑)新聞配達を終えてすぐ散歩に出ると条件が良ければ朝焼けも撮れるし、トイレの無い場所で尿意をもよおしたら電柱の影って手もある(笑)
 それに平日の僕のアパートの前は通勤ラッシュで、9時頃までは車を出すのがたいへんです。今の時期、9時頃に部屋を出たのでは、太陽はほぼ真上だし暑い(笑)
 で、明日から朝の日記アップはないかも知れません。配達終了後、朝飯を食ったらすぐに車を出して、、9時頃までどこかで撮影と言うスタイルに変えようと思います。早寝早起きです(笑)

« 出会い | トップページ | おはようございますああああーo?oもう »