« 行政書士試験平成23年度問26行政事件訴訟法の問題 | トップページ | 奇声とみずあそび3y1m »

2018年5月16日 (水)

安定したエネルギーあふれる声を出すには

こんばんは、
島永吏子です。

今日も汗ばむ陽気となり
嬉しい反面、
息子が、もはや汗疹になりました。

私は紫外線、息子は汗疹対策の
季節到来です笑
さて、昨日は
自然体で伝わる!わかりやすい話し方講座
でした。

暑さに劣らぬ
熱心な方が集まってくださいました!

講座の魅力は
講師からの学びだけでなく、
参加されている方からも
たくさんのことを学べることですよね。

今回も
小説家、税理士、セラピスト、と
まったく違う世界の方が集まり
私も皆さんから
勉強になることが
たくさんありました

皆さんからご感想もいただきましたので
次回、ご紹介させていただきます!
さて
これまでたくさんの方に
話し方のアドバイスをさせていただきましたが
よくきかれるのが
おなかに力がない
声にパワーがないという
お悩みです。

安定した、
エネルギーに満ちた声。

聴き手にとって
安心感や信頼感をもたれる、
また
元気をもらえる声です。

そんな声になるために、
シンプルな練習法があります。

それは

立って話す練習をする!です。

座っていると
背中が丸くなったり、
おなかをだら〜んとゆるめたままで
話していることがあります。

これでは
やわらかい、ではなく
頼りない、
力のない声になってしまいます。

立つことで
姿勢を意識しやすくなり、
おなかにほどよい力をこめて
声をより遠くまでとばしやすくなります。

小説でも新聞でも
会議の書類でも構いません。

立って読む練習をしてみましょう!

話し方1day講座1dayでは
安定した、エネルギーの高い
声の出し方もお伝えしております。

次回の
自然体で伝わる!わかりやすい話し方講座は
6月26日火残2席です。
ただいま早割価格です。
くわしくはこちら

本日もお読みいただき
ありがとうございました!!

ただいま無料メール講座作成中!
いましばらくおまちください

« 行政書士試験平成23年度問26行政事件訴訟法の問題 | トップページ | 奇声とみずあそび3y1m »

無料ブログはココログ